キャバクラで働くなら必須?「アフター」とは何か詳しく解説します!

キャバクラで働くなら必須?「アフター」とは何か詳しく解説します!

キャバクラの「アフター」とは?

「同伴」は知っているのに、「アフター」についてはぜんぜん知らないっていう女の子も多いみたいです。

アフターというのは、キャバクラにあるシステムの一つで、キャバ嬢のお仕事が終わったあとでお客さんと2人でお店を出て、街をフラフラしたりすることですね。
同伴の仕事終わり版って考えるとわかりやすいかもしれません。

街をフラフラっていっても、過ごし方は同伴とそこまで大きく変わりませんよ。

例えばですけど、

  • 軽いお食事を一緒に楽しむ
  • 夜にやっている施設に行って遊ぶ
  • カラオケを楽しむ
  • バーなどでお酒を飲む

などが多いですね。
本当に街をブラブラして、そのままサヨナラってパターンもたまにあります。

お店に来たお客さんは、キャバ嬢のお仕事が終わるのを待たないといけません。
勤務時間が終わったキャバ嬢は、着替えて、そのお客さんと一緒にお店を出ます。

そのあとがアフターの時間。

アフターはキャバクラにあるシステムって言いましたけど、同伴みたいにノルマがあったりバックがあるわけではありません。
「アフター禁止!」ってしているお店もあるくらいですからね。

お店にとっては直接の売り上げにつながらないので、アフターするかどうかはキャバ嬢に任せてることが多いんです。

同伴の仕事終わり版だけど、そういうシステムや事情に違いがあることは頭に入れておきましょう!

アフターのメリットは?

お仕事で疲れたあとでも、お客さんと2人で街中に出かけるアフターを一生懸命するキャバクラ嬢もいます。

なぜなら、ちゃんとメリットがあるからです。

  • お客さんとの親密度が上がり指名につながる
  • 美味しいご飯をおごってもらえる

お仕事に関することと、単純にいい思いができるっていう部分にメリットがあるアフター。

どちらも大切なので、細かく説明していきますね♪

①お客さんとの親密度が上がり指名につながる

アフターをすると、お客さんとの距離が近くなります。
もっと言うと、親密度が上がるんです!

プライベートに近い時間を2人だけで過ごすと、仲も良くなるし信頼感も生まれますよね。

キャバクラ嬢にとってはお仕事のうちだったとしても、お客さんにとってはものすごくウレシイことでもあるので、その気持ちが今後の指名につながることは間違いありません♪

実際に、お客さんからの本指名をGETしたくてアフターをしている女の子がほとんど。
本指名があれば売り上げもお給料も上がりますから、当然ですね!

結果的にお金がたくさん稼げれば、アフターをやったメリットも大きく感じられるはずですよ。

②美味しいご飯をおごってもらえる

アフターの過ごし方は何パターンかありますけど、ほとんどが一緒にお食事するパターンです。

美味しいご飯屋さんを知っているお客さんが相手なら、そのお店に連れて行ってもらえますよ♪
1人ではなかなかいけないような高級なお店やオシャレなレストランにも連れて行ってもらえるかもしれません!

歓楽街だったら夜中までやってるお店はたくさんあります。
家に帰る前に美味しいご飯をごちそうしてもらえるって考えたら、これもアフターをやる意味や理由になるはず!

このメリットを目的にアフターに付き合っているキャバクラ嬢もいるので、食べることが大好きな女の子にとってはアフターは天国かもしれません♪

アフターのデメリットは?

メリットと一緒に、アフターのデメリットも確認しておきましょう!

  • 安全が保証されていない
  • 毎回アフターに行っているとそのお客さんがお店に来る頻度が減る

こうやって書くと少し不安が強くなるかもしれないですけど、あくまでも注意しておきたいポインです。

それぞれちゃんと説明していくので、アフターについての理解をさらに深めてくださいね♪

①安全が保証されていない

安全が保証されていないって言うと、ちょっと怖く感じるかもしれません。

同伴も同じだけど、アフターはお客さんと2人だけで過ごします。
もし人がいない場所や密室に入ってしまったら、相手が誰でも安全であるとは限りませんよね?それと同じです。

別にアフターだから危険っていうわけではないですよ。
お客さんとの信頼関係がちゃんとできていて、人がいない場所などに入らなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。

同伴と比べるとアフターは時間帯も遅いですし、より気をつけないといけませんが、ちゃんと注意していれば大丈夫です!

もし不安なら、複数のキャバ嬢と一緒にアフターに行くのもOK!
対策をしっかりとしていれば、安全にアフターを楽しむことができますよ♪

②毎回アフターに行っているとそのお客さんがお店に来る頻度が減る

お客さんはアフターに行きたいって考える人が多いので、キャバ嬢になると、よく誘われます。
お店に来るたびに誘ってくるお客さんも出てくるはず。

そのお誘いに毎回こたえてアフターに行っていると、もしかしたらそのお客さんの来店頻度が減ってしまうかもしれません。

「なんで?」って思いますよね。
「来店してもらって指名してもらうためにアフターやるんでしょ?」って思うのが普通の感覚です。

でも、そんなに簡単にプライベート感覚で会えてしまう女の子に、男性は魅力を感じるでしょうか?
あまり感じないっていうのが、現実なんですよ。

「お店に行かないと会えない!」
「プライベートでも会いたいけど、なかなか会えない!」
「お金を払わないと会えないくらい特別な女性!」

っていう感覚があるから、男の人はお店に何度も足を運んで指名してくれるんです。

アフターって同伴と違って、お客さんがお金をお店に支払う必要はありません。
つまり、タダで会えるってことなんです。

簡単に会える女の子には魅力を感じなくなって離れてしまう…。そんなことも少なくないんですよ。

これもアフターのデメリットの1つとして知っておけば、駆け引きなんかも上手くできて、お客さんの心をつかんだままでいられるかもしれませんね♪

安全にアフターに行くための注意点

注意していないと、ちょっと危険なケースも出てきてしまうキャバクラのアフター。
女の子にとっては少し怖い思いをしてしまうかもしれません。

不安に感じている女の子に、安全にアフターに行くための注意点を教えちゃいます♪

注意点さえ守っていれば、ぜんぜん怖がる必要なんてありませんよ!
安全なアフターを目指して、お客さんの心を鷲づかみにしちゃいましょう!

①信頼できなさそうなお客さんなら断る

初めてお店に来た人からのアフターのお誘いは絶対に断ってください!
これは鉄則ですよ。

アフターは信頼できるお客さんと一緒に行きましょう!

少しでも、「この人、大丈夫かな?」と思ったら断るようにしてくださいね。
この点に気をつけるだけでも、自分の身を守ることに繋がります。

②信頼できそうでも、個室・車は避ける

何度もお店に通ってくれていて、何度も自分のことを指名してくれている信頼できるお客さんでも、個室で2人だけで過ごしたり車に一緒に乗るのはNGですよ!

個室で他人と2人きりになるほど怖いものはありません。

キャバクラ店の中では仲良くなった感じがしても、外でもそうとは限りませんよね。
いくら信頼できそうな人だと感じても、もし安全にアフターを終えたいなら、2人だけになる空間は避けるようにしてください。

「家まで送ってあげる」と言われても、断りましょう!
タクシーであっても一緒に乗るのはダメ。そのタクシーは信用できますか?確認のしようがないですから、どんな車にも一緒に乗ってはいけませんよ。

③帰りの時刻を曖昧にしない

アフターにお付き合いするときには、相手の男性に、何時までに帰らないといけないのかをちゃんと伝えておきましょう!

この帰りの時刻を曖昧にすると、男性から「もうちょっとだけ」なんてお願いされたときに、なかなか断ることができません。
最初から「2時まで!」って決めておけば、「2時になったから帰るね」って行って、スッと帰宅することができます。

ポイントは、アフター前にタイムリミットを伝えておくこと!

「明日はお昼頃から用事があるから、絶対に2時までに帰らないとダメなんです。それでもよければアフターお付き合いしますよ」
みたいに最初に理由と一緒に伝えておけば、相手も納得してサヨナラしてくれるでしょう。
間違っても、ズルズルと朝まで一緒にいることがないようにすることです。

そこで嫌な顔をするようなお客さんだったら、今後、その人とはアフターに行かないようにしてくださいね。

アフターの上手な断り方

まだ知り合って間もないお客さんや信頼できそうにない人からアフターのお誘いを受けたら、しっかりと断りましょう!

ここからは、アフターの上手な断り方を紹介していきます。

相手のお客さんをできるだけ傷つけず、「それならしょうがない」と納得してもらう。
そんな方法を3つほど紹介していくので、自分や相手のお客さんのキャラクター、時と場合などによって使い分けながら上手にアフターを断っていきましょう!

①「もう少し親しくなってから」

アフターの断り方の鉄板は、

「もう少し親しくなってからでもいいですか?」

です。

これはわかりやすいですよね!

親しくない男性と、夜中に外で2人だけで会うのは、さすがに怖いです。
この気持ちをわかってくれる男性なら、この一言だけでも、「わかった、もっと仲良くなってからにしよう!」って言ってくれますよ。
それが次の来店や本指名につながったらラッキーですね♪

「まだ〇〇さんのこと、ぜんぜん知らないから」
「もうちょっとお互いのことを知ってからならいいですよ」

みたいな言い回しでもOKですよ♪

②「営業終了後に会議がある」

「今日はこのあと会議があるんです」
「お店を閉めたあとにミーティングがあるので」

という断り方も使えます。
会議やミーティングはお仕事のうち!お客さんもさすがに強引に誘うことはできません。

でも、この断り方には注意も必要ですよ。

いつも会議やミーティングを理由にアフターを断るのは不自然ですよね。
毎回使えるセリフではないことも頭に入れておきましょう。

それに、他のキャストの子がアフターしてるのに、1人だけ会議やミーティングでアフターできないっていうのも怪しいです。
「本当に会議なんてあるのか?」と疑うお客さんは、他のキャバ嬢やボーイに確かめたりすることもあります。
使う場面には注意しておきましょう。

③先約のアフターがいることにする

「今日、お仕事終わりに会わない?」って誘われたら、すかさず「ごめんなさい、今日はもう先約があるんです」って言いましょう。

この断り方も、比較的使いやすいです♪

先に約束してるんだったら、しょうがないですもんね。
お客さんも納得してくれるはず。

ただ、この言い方は、誘われたら“すかさず言う”っていうのがポイント!

誘われて、にごして、誘われて、困って、誘われて、「今日は先約があるんです」なんて言っても、「うそつけ!」って言われちゃいます。
先約があるなら、すぐに言わないと不自然ですからね。

あと、このセリフは何度も同じ男性に使うことはできないし、タイミングも重要ですよ。
断られ続けたお客さんは、そのうち「じゃあ、来月の第4金曜日にアフターしよう」なんて、ちょっと遠い未来の約束をしようとしてきます。
そんな申し出に対して、「先約があるんです」なんて言うのは、さすがに難しいですよね。

使える場面と使えない場面を考えながら、上手に活用するようにしてください♪

無事に帰れたらそのお客さんを大切にしよう

アフターは、キャバクラ嬢とお客さんとの信頼関係があるからこそできるものです。

もし何事もなく、美味しいご飯などをごちそうになり、相手の男性が紳士的な対応をしてくれて無事に家に帰ることができたら、そのお客さんに対する信頼度をさらに高めてあげましょう。

お店に来たときには、より楽しい雰囲気を作ってあげたいですし、同伴やアフターの誘いにもまたのってあげてもいいのかもしれません。

アフターはキャバ嬢にとってもお客さんにとっても大事なものです。
それは理解できたのではないでしょうか。

  • 「アフター」とは、キャバ嬢のお仕事が終わったあと、お客さんと一緒にお食事などをすること
  • アフターすることで、お客さんからの指名が増える可能性大!
  • 普段は食べられないような美味しいご飯をごちそうになれるチャンス♪
  • 男性と2人きりになるのはちょっと危険かも?
  • アフターしすぎると早く飽きられてしまう可能性あり
  • 信頼できなさそうなお客さんに誘われたら断ってもOK!
  • どんなお客さんとでも個室や密室や車に2人で入るのはNG!
  • 最初に帰りの時間を決めてお客さんと約束しておこう!
  • アフターの上手な断り方も身につけておくとGOOD♪

キャバクラ嬢にとっては、同伴のようにすぐに売り上げやお給料、時給、バックなどにつながるわけではありませんけど、アフターにはいろんな効果やメリットがあります。

同時に注意点もあるので、両方の面をしっかりと理解した上でアフターをしたりしなかったりを決めてくださいね。

この記事を監修したCampus park(キャンパスパーク)編集部について

Campuspark編集部

キャバクラの元経営者である編集長「田端 和史」を中心に2013年に発足。
多数のキャバ嬢を見てきた経験と、キャバクラでのキャスト・ボーイ経験を持つライターを中心に、「キャバクラのイメージを明るいものに」というコンセプトで、キャバクラに関する有意義な情報コンテンツを多数執筆。
また、キャバクラの店長向けの開業セミナーや、現役キャバ嬢向けの売上向上セミナーなど、キャバクラのイメージ向上に繋がる活動を精力的に行っている。